スポンサードリンク

2009年03月11日

プリズンブレイク考察〜19

シーズン1#20 Tonight
邦題トゥナイト

前回のプリズンブレイクは、ラストでついにベリックに床の穴の存在を知られてしまいましたねぇ〜。
と、ベリックが顔を上げると、猫おじさんがっ。
いつも温厚な猫おじさんにしては珍しく・・・というか、初めての
乱闘シーン。
ベリック優勢に見えたものの、水筒でベリックの顔面をクリアヒット!
猫おじさんの勝ち〜。
でも、揉み合った際に、おじさんの脇腹にガラスの破片が深々と・・・。
かなり深そうですっ。

でも早いとこ床でうめいているベリックをなんとかしないと。

庭に出ているマイケル達。
そこへ刑務官達が犬を連れて入って来る。
せっかく逃げても、匂いですぐにアシがつく。
脱獄の時には、匂いも決していかなければいけない。
色々最後の準備をすることも考えて、脱獄決行は3日後と決定。
そこへ猫おじさんが来て、「今すぐ計画を実行しなくちゃいかん」と。
ベリックにバレたことを報告。
しかも、ベリックが騒ぎ出さないように、おじさんたらベリックを
縛り上げて穴につっこんできたよう。
広い所内、ベリックがしばらくいなくてもバレないだろうと考えるも、
憎まれっ子フォックスリバーにはばかるで、あのベリックがいなく
なったらすぐ気がつかれるだろうと思い直す。
マイケルは、暗くなったらすぐに脱獄決行と決断。
準備がまだだとシーノート達が不安がるが、そうも言ってられない
状況なので、やるしかないっ。

最初の計画では、作業時間内に穴から脱出することで、かなりの時
間稼ぎにもなると思っていたが、今夜やるとなると、夕食後にひと
りずつマイケルのセルに来て、穴に入ってもらうしかない。
とすると、夜の点呼までの1時間だけ。
かなりドタバタですねぇ・・・。
あれ?懲罰房のリンクはどうするの?
セルに戻ったマイケルは、トゥイーナーをじーーーっと見てる。

ヴェロニカは電話番号から相手の居場所と、その物件が誰の持ち物
であるかつきとめる。
ニックは浮かない顔。

ベリックが床下で意識を取り戻す。うめいてみるが、猿ぐつわされ
てます。
所内でもそろそろベリックがいないことを他の刑務官達が不審に
思い始めている。
あのベリック、8年間も無遅刻なんだって。すごいじゃん。

夕食タ〜イム。
T-bagは他の囚人が食べ残した芽キャベツを貰っている。
けど、ポケットに入れた???
ワタシもあまり好きじゃないけどね〜芽キャベツ。
マイケルはひとりで食べているトゥイーナーへ近づく。
トゥイーナーはちょっとドキドキ。
「今夜だ」と一言だけ告げるマイケル。

副大統領のおばちゃんが、高そうな仕立てのスーツ着た連中の
前でエネルギー法案が大統領によって否決されるはずだったのが
事情が変わった・・・とか説明している。
彼らはおばちゃんの支援団体でもあるらしいが、態度はかなり威圧的。

診療室でサラを待っているマイケル。
サラはまだお怒り中です。
鍵を盗んだことを認めるマイケル。
サラはマイケルが盗んだ理由を、ドラッグ欲しさからだと
思っているよう。
マイケルは、できればサラを巻き込みたくなかったと言い置いてから
今夜脱獄することをサラに告げる。
驚愕のサラ。当然でしょう。
さらにマイケルは、「キミの助けが必要だ」という。
勿論、サラがすぐに承知するわけもなく
マイケルとは水掛け論になってしまう。
けれどマイケルがドアの鍵をかけ忘れて欲しいだけだと言うと、
診療室から脱獄するつもりだとすぐに察知し、
そのためにすべて計算ずくで自分に近づいたと思いショックを受ける。
最初こそそうだったけれど、本当にサラを好きになってしまったという
マイケル。
自分はどう思われてもいいがお兄ちゃんを助けたいだけだという。
サラは返事をせず、出て行ってしまう。

アブルッチは自分の部下に電話し、予定が早まったと言っている。
飛行機は準備できるが、シートは3席しかないという部下。
脱獄メンバーはそれよりも多い。誰を乗せるのかと部下が問うと、
「生き残ったものだ」というアブルッチ。
やはり、本質は変わっていない様子。

ヴェロニカはモンタナへ出向く準備で忙しい。
アブルッチがニックにも電話して、今夜ヴェロニカを飛行場に連れ
てこいと言う。
ニックは渋るが、アブルッチ相手では言うことをきくしかない。

庭で作業中のマイケル達。
刑務官休憩室に2人の刑務官が入って行く。
それを見ているマイケルはドキドキ・・・。
その物音を聞いてベリックは叫んでみるが、聞こえないようだ。
ほどなくして、刑務官が出て来る。時間を計っているマイケル。
トゥイーナーが他の刑務官にベリックがどこにいるか聞いている。
朝ここで会ったから、どこかにいるはずだと言い張る。
声をかけられた刑務官は知らないみたいだ。
と、それを見ていた猫おじさんがトゥイーナーを呼びつける。

離れた場所で作業中のアブルッチが、花壇に蒔く肥料を作業服のポ
ケットに入れる。匂い消しの準備?
シーノートがT-bagから奪ったナイフを見せながらアブルッチとT-
bagの雰囲気が微妙であることをマイケルに話す。
彼は彼なりに、慎重になってるんだろう。

診療室で、ぼーーーっとしているサラ。
看護士が話しかけても、どこか上の空。後のことをまかせて外出し
てしまう。

囚人のロッカー室。
猫おじさんは刺された箇所が痛くてしんどそうだ。
作業着はそのまま着ているようにと言うマイケル。
そこで初めてトゥイーナーも仲間に加わったことを告げる。
みんなブーブー。ただでさえ人員オーバーなんだから、当然だ。
計画が変更になったから、大丈夫だというマイケル。
みんな渋々承知。

作業室へ向かって歩いているマイケル達。
と、刑務官がやってきて、着替え室の床に血が落ちていたという。
多分猫おじさんの血だけど、黙っているおじさん。
刑務官は説明しろと迫る。
マイケルはさっきシーノートから渡されたナイフで自分の指を切り、
自分の血だと説明する。
刑務官もそれで納得したようだ。
マイケルはすぐに猫おじさんだとわかったようで、大丈夫かと声を
かけるが、猫おじさんは今夜なにがなんでも外に出るんだ!と
頑なだ。

車の中にいるサラ。
昔、依存症者の会で知り合った人に電話してみたり、
近くにあるパブに目が行ったりと情緒不安定そう。
ついに車を降りて・・・パブに行っちゃうのか?

所長のタージマハルを製作中のマイケル。
そこへ所長がご機嫌でやってくる。
完成したらしい。
結婚記念日は今夜だとかで、所長はマイケルに出会えて
本当によかったと大喜び。
なにかお礼がしたいというと、マイケルはひとつだけ頼みたいことが
あると。

リンクの懲罰房にいるマイケル。
リンクはお父ちゃんに聞いた話をマイケルに教えているが、
マイケルは聞いちゃあいない様子。
マイケルはベリックにバレたから、脱獄は今夜だよ〜と教える。
なにがなんでも助けるというマイケル。
だけどリンクは自分を置いて逃げろという。

キッチンから漂白剤をちょろまかしているシーノート。
そこへかつての部下がやってきて、また白人に使われてんのか〜とか
絡んでくる。
こりゃちと厄介と思ったシーノートは、漂白剤を相手の顔にぶっかけて
ボコボコに。

パブにいるサラ。
目の前にはお酒の入ったグラスが。
それを見て、まだ悩んでいるサラ。
と、そこへテレビのニュースから父親の名前が聞こえて来る。
それを聞いて我に返ったサラは、お酒に手をつけずに立ち去る。

所内。
ベリックの同僚が、ベリックが出社してこないことを
不審に思っている。

T-bagは例の芽キャベツをベッドにぶちまけている。
アブルッチも肥料をベッドにふりまき始め、セルメイトはわけが
わからないといった様子。

トゥイーナーのセルに刑務官が枕を持ってやってくる。
アボカドが今夜には戻って来るという。
ベリックを今朝見かけたのか?と聞かれるトゥイーナー。
見かけたと言うが、遠くからマイケルがじっと見ているのに気がつく。
見かけたのは昨日だったと言い直すトゥイーナー。

シーノートに盗ませた漂白剤は、一般棟の青い作業着を精神科棟の白い
作業着に見せかけるためだったらしい。
せっせと漂白作業にいそしむスクレ。
なんでマイケルはしないんだってハナシだけど。
スクレったら、使われてます・・・。

大統領と副大統領のおばちゃん。
例の新エネルギー法案について、話している。
なぜ考え方を変えたのか?とおばちゃんが問うと
大統領は賭けてみたという。
しかも、自分の後任をおばちゃんではなく、違う議員にするつもり
だと言われ、焦るおばちゃん。
大統領はおばちゃんに、「キミは政治家として間違っている」と。

タージマハルを車に運ぼうとしている所長と刑務官2名。
持ち上げた途端、トップの部分が外れて落ちてしまう。
慌てて「マイケルを呼べ!」という所長。

7時には決行なのに、6時15分に所長に呼ばれて行くマイケル。
房から見ていた仲間達は、ドキドキ・・・。

穴の中のベリック。
コンクリートから突き出した釘をさぐりあて、なんとか縛られている
ロープを切ろうとしはじめる。

サラが父親に会いに行く。
聞きたいことがあるという。サラが父親に渡した資料をちゃんと読んだか
どうかと問うと、父親は答えずに、説教を始める。
読んだかどうか、もう一度聞くと、読む必要もなかったと言われる。
リンクの死刑執行書にサインすることが、副大統領選のポストの見
返りかと
サラに問われると、父親は逆にサラを非難しはじめる。
さあ、サラの肚が決まったか?!

ベリックが来ないことがついに所長に報告されることに。
それを見ているアブルッチ。

ヴェロニカはモンタナに行く用意でまだバタバタしている。
しかしニックは、出かけない方がいいと言い出す。
ヴェロニカがひとりでも行くというと、ニックはついにヴェロニカに
拳銃を向けて「行かせられない」と・・・。
ずっと騙されていたと気がつき、ショックを受けるヴェロニカ。

所長に呼ばれたマイケルは待合室で待たされている。
所長はベリックの自宅に電話し、朝いつも通り家を出て、
フォックスリバーに着いた頃に家に電話していたことを聞き、
駐車場にベリックの車があるかどうか調べるように言う。

スクレ、T-bag、アブルッチ、シーノート、トゥイーナー、猫
おじさん、
それぞれ決行前に様々な思いが駆け巡っている。
猫おじさんの脇腹からは、かなりの量の出血が。

そして、懲罰房の中のリンク。

診療室のドアは、サラがいないので看護士が鍵を閉めてしまう。

所長は持ち上げてしまっただけで壊れてしまったのが解せない様子。
と、マイケルが模型のピースを机に置く。
模型の支えらしく、マイケルが意図的に抜き取っておいたらしい。
所長にはわけがわからない。
しかしマイケルは、ここに来る必要があったと。
そして、所長にナイフを突きつけて、「オレは脱獄する」と。
お兄ちゃんも一緒に行くから手伝えと脅すマイケルに、
所長の顔つきが変わる。

ってことで、まだ脱獄に至ってませんっ

プリズンブレイク続くダッシュ(走り出すさま)


posted by エンタマム at 20:55 | プリズンブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。