スポンサードリンク

2008年11月06日

日本未入荷のドラマ

今回のピックアップ

Terminator :The Sarah Connor Chronicles

今回は、先取り情報!ということで、
まだ日本未入荷のドラマのご紹介。

タイトルからもわかる通り、
あの有名なターミネーターのお話。
なぜ今ターミネーター再び?という気も
しますが、ストーリー的には、ちょうど
映画のターミネーター2の後ということに
なってます。

Chroniclesとは、年代史とか歴史とか
回帰憚といったような意味あいがあるので
なんというか、サラが(ジョンが)なぜ重要な人物と
なっていったか・・・というようなことが
要になっています。

なんと、放映当初はあのプリズンブレイク
同じ時間帯にぶつけてきたという、やる気満々の
ドラマ
しかも、例のストのせいで進行が遅れがちだった
プリズンブレイクの視聴率を抜いてしまったらしい。

映画のサラ・コーナーは、筋骨隆々って感じのリンダ・ハミルトン
がかなり迫力満点のサラを演じてましたね。
今回のドラマでサラを演じるのはレナ・ヘディという女優さん。

イギリスで活躍していた女優さんで、ちょろちょろっと
ハリウッド映画にも出ていたとはいえ、今回のこのキャスティング
は大抜擢だったのでは?
彼女が出演してて、日本でもけっこう名前が知られている作品てい
うと・・・ブラザーグリムくらい?
ワタシもあまりよく知らない女優さんです(汗)。
あ、あと、300(スリーハンドレット)にも出てたかっ。

金髪のリンダサラとは見た目も真逆な黒髪のサラ。
リンダのような、見る人を圧迫するような迫力はないけれど、目力
のあるサラに仕上がってます。
最初は、やはり映画のイメージが強かったので、
逆に大人しい感じのレナサラに物足りなさを感じて
いたのですが、見進めていくうちに、このサラも
けっこう好きになりました。

息子のジョン役にはトーマス・デッカーという若い役者さん。
こちらはもう、映画といいドラマの方といい、
「こんな軟弱なんが、ヒーローになれるのかい?」な
雰囲気ありあり(笑)。

あ、そうそう、ヒーローズにも出てたね、彼。
そっちでも確か軟弱君だっけ(笑)。
あれですよ、あれ。
クレアのことが好きな、おたくっぽいザック君。
今回のジョンのキャラも、あのまんまな感じ。

他に、メインキャラとして、サラとジョンを守る側の
ターミネーター、キャメロン。
はい、名前からもおわかりの通り、可愛らしい女の子です。

この子がねぇ、いい味だしてくれます。色々と・・・。
ジョンとの絡みも面白いけど、機械だから感情面でわからないこと
も色々あるわけで、そういうのがね、
お約束というか(笑)。

勿論、この他に、敵側のターミネーターも。
映画の歴代ターミネーターに比べると、
やはり迫力にかけますな。
名前だけネタばれしちゃいますと、
最初のターミネーターなんて、名前がクロマティですもんっ。

ともあれ、もしこのドラマが日本でも始まったら、
まずは、映画のターミネーターを1から3まで
観直して、おさらいしておくことをおすすめします。

今後かなり有望株なドラマであることは請け合い。
シーズン2の製作もすでに決定しているそうです。

ターミネーター2 特別編 【Blu-ray disc 専用】(2008年12月5日発売)<発売日以降お届け>
posted by エンタマム at 12:02 | ターミネーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。