スポンサードリンク

2009年05月06日

またまた先駆けレビュー!! Wolverine、観て来ました〜♪

X-MENシリーズの最終章と言われている、
今回のWolverine
なので、フルタイトルは、
X-MEN:Origins Wolverine

となってます。


言わずと知れた、X-MENのヒーロー、
ローガンの秘密に焦点を当てたストーリーで、
なぜ彼が鉄の爪を持ち、また、記憶を無くしてしまったのか、
これまでX-MENシリーズ中に謎であった
部分がすべて明かされます!
ローガンという名前でさえ、本名ではないこと、ウルヴァリンという
名前がどうして付いたのかナドナド。


主演は勿論、オーストラリアのイケメン俳優、
ヒュー・ジャックマン

すごいよねぇ、この人のカラダ。
10等身ってこういうヒトのことなんだ〜〜〜って
初めて知りましたよ。
しかもあの筋肉!! スゴすぎてCGかと思ったほど。

おなじみのX-MENキャラは出て来ませんが、
後のアノヒトとの出会いは
こんなところにあったんだ的な、伏線出演はありますっ。
まあ、言っちゃうとね、楽しみがなくなるからね・・・。


そして、単街孤独と思われていたローガンの家族構成なんかも
明らかに。


今回、なにが素晴らしいって、ただの娯楽アクション大作映画に
なっていないこと!!
始めに重厚なストーリーありき、そしてこのキャラクターだったら
このくらいのアクションありきって感じで、派手な
アクションシーンにも無理がない。
コミックから映画化されたキャラっていうと、やたら派手な
アクション取り入れて、ストーリーはおろそかになっているのって、
あるじゃないですか。
そういうものとは、一線引いてある出来です。


今回、ローガンの兄貴役で出演している
リーブ・シュレイイバー
は、
若い頃からいろんな映画に出てる
役者さんで、以前から味のある俳優さんだな〜と思ってたのですが、
今回、準主役級でしかも、存在感がすごかった!
特異なキャラを、見事自分のものとしている感じというか、
「コミックから出たキャラ」っていう、一歩間違うと
やりすぎちゃうような役を、ちゃんと血と肉のキャラに
しちゃった感じ。

ヒュー・ジャックマンも、
「新しいハリウッドスター!」っていう
魅せ方になってきましたねぇ、作り手側が。
なんつうかね、カメラアングルとか、演出のしかたとかに
ほらほら、ニュースターだよ〜!!的なものを感じた。
爆風背負って歩き出すとか、
スローモーションで振り返って顔のアップとか(笑)

すでにトムやらブラピやらも、メインをやらせたら客は呼べるけど
なんとなく予定調和みたいになってくるイメージもあるし
ヒュー・ジャックマンはまったく
新しいスタイルのヒーローってことで
これからどんどん株が上がって来るんじゃないかな〜。

しかし、彼の体、すごいよね・・・。
10頭身ってこういうのなんだ〜〜って感じ。

後ろに座っていたオバちゃんはヒュー・ジャックマンの大ファンらしくて、
ちょっとヒュー・ジャックマン
なんかしただけで「うふふ♪ヒューったら〜♪」
みたいな含み笑いをずーーっとしてたよ・・・(-_-;)

ダークナイト以来、個人的にあまりアタリの映画がなかったので、
今回かなり満足感あり!

もう一回、X-men最初から観たくなってきたな〜。
ところどころ、「あれ?そんな設定だっけ?」というところも
あったし。
確かめたいっ!!

あ、そうそう、今から観に行くヒトのための、寄り情報!!!

エンディングロール終わるまで、絶対席を立っちゃだめっ!!!

・・・って、まあ、日本の場合は大丈夫か〜。

去年、10何年ぶりに日本の映画館で映画を観て、
ビックリしたさ〜。

エンディングロール終わるまで、誰も立たないのね・・・。

オーストラリアぢゃあ、考えられませんっ。
エンディングロール始まった途端、みんな帰り出すものっ。

でも、面白い時には大声で笑ったり、
つまらなかったらブーイングだったり、
感動したら拍手が始まったり、
中にはスタンディングオベーションしちゃったりの、
オージースタイルの映画鑑賞がすっかり
好きになっていたりするのでした♪

パート2、ありそうな気もするな〜。

しかも、原作コミックでは、ローガンはかなりの日本好きで、
日本語もペラペラらしい。
しかもっ!
コミックでは、日本人女性と結婚もしてるのですよ・・・!


のでっ!!
次回作は日本が舞台なんてこともありかも!!デス。


まあでも、あまりWolverineが突っ走っちゃうと、
後続であるはずのX-MENと話が噛み合なくなって
来ちゃうかも
だから、どこまで映画化するかによりますが・・・。
って、すっかりパート2があるもんと思ってます(笑)

posted by エンタマム at 09:32 | Wolverin(ウルヴァリン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。